​風俗営業許可にかかる概要

福岡県福岡市の行政書士 香椎総合事務所では、主として「風俗営業に関連する許可申請・法令コンサルタントなど」幅広く業務を提供しております。

では、風俗営業許可など風営法(以下、法という。)に関する概要を説明いたします。

一(風俗営業の種類)

①キャバクラ・ホストクラブ等の飲み屋さん

②ソープランド・ヘルス・デリヘル等の性風俗店

③バー・スナック等の深夜酒類提供飲食店や低照度での飲食店

④その他にも、パチンコ店・マージャン店・ゲームセンター・ライブハウス・ナイトクラブ・ラブホテル・チャットレディーなど幅広くございます。

これら全て許可や届け出が必要とされる可能性が高い業種となります。

(許可などが必要か否か事前にご相談ください。)

二(風営法の目的)

①青少年の育成に配慮

②健全かつ適正な風俗環境の維持

上記2点が法が守りたいとする目的規定となります。

この2点をとらえて、法は、あらかじめ許可や届け出を要するとする消極目的規制を定めている法律となります。

三(許可申請の注意点)

①人的要件(欠格事由該当性の判断)

②場所的要件(使用権原、用途地域、児童福祉施設、禁止区域などの判断)

③内装要件(〇㎡以上必要、〇%ルール、照度規制など)

④料金要件(賭博性の排除など)

上記①~④に区分されており、その許可・届出の種類に応じて考慮要素が異なっております。

四(許可申請に必要な書類)

①許可申請書類(主に許可申請書、営業の方法など)

②図面書類(求積図、平面図、照明等配置図など)

③略図(店の位置を示す地図など ※著作権法に注意)

④公的書類(住民票、身分証明書、登記事項証明書など)

⑤使用権原疎明書類(使用承諾書、賃貸借契約書、登記事項証明書など)

⑥その他(料金表、誓約書など)

ソーシャルメディア:

  • w-facebook
  • Twitter Clean
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now